2016年 10月 の投稿一覧

失敗しない資金計画

注文住宅の失敗しない資金計画は、一般的に住宅取得総費用の約20%が頭金で返済比率が20%?25%とされていますが、現在では政府の悪ノリかなのか頭金無しのオール借り入れで住宅の購入が可能となっています。その為、借入限度額イコール資金計画となっている人も多く、毎月の返済が日々の生活を徐々に圧迫され後悔する結果を招いています。又、借入限度額を割増させる為に奥様の収入を合算する人も多くいますが、奥様との収入合算の場合妊娠や出産及び子育てなどで一時的にでも収入が途絶えてしまうので、非常に生活が苦しくなる事もあります。その為、収入合算する場合には親世帯との収入合算が望ましいとされています。資金計画には、土地の取得費用や建築費用の他に竣工後に必要となる固定資産税や都市計画税、新居用の家電製品、家具、カーテンなどの費用も加味しておく必要があります。又、一定基準以上の土地を所有している場合には、特別土地保有税を請求される事もあるので税金も算出する必要があります。

失敗しない土地探し2

失敗しない土地探しをするためにも、色々な人から情報を得ることが大切です。
新築で注文住宅を建築したいと考えている場合、まずは土地探しから始めることになります。
土地探しでは、希望している地域の不動産屋さんに情報提供を依頼するだけでなく、各ハウスメーカーで所持している物件もあります。
そのため1か所の情報に頼るのではなく、何か所も不動産屋さんを訪ねてみたり、ハウスメーカーの持っている情報をチェックすることが大切です。
ハウスメーカーの紹介している土地であれば、比較的地盤がしっかりしている場合が多かったり、建物が設計しやすい土地の形であるというメリットもあります。
道路の向きや面積などこだわりがある人の場合には、新しく出てきた情報をすぐに教えてもらえるような依頼をすることもできます。
時間をかけてでも、自分の納得のいくような場所を探すことがとても大切です。
建物はいくらでも変更できますが場所は動かせないということを覚えておきましょう。

失敗しない土地探し1

新築で注文住宅を建てるときに、最初に決めていくことは土地です。
住む場所が決まって、初めて住宅の話が始まります。
失敗しない土地探しをするためにも、焦らずにじっくりと時間をかけることが大切です。
土地探しをしている場合、気になる地域の不動産屋さんなどに話をもっていきます。
そこで今販売している土地情報などをもらうこともできますが、希望している条件を伝えておくと、新しく物件が出てきたときに優先的に連絡をしてもらうことも出来ます。
例えば南道路が良いということや、面積が何坪以上が良いなどのこだわりを伝えておくことが大切です。
他にも、地盤の強度についても考えておくと良いでしょう。
河川や海などの水が近い場合や、元々が水田などの水に関わっていた場所は、深く掘ると水が出てきてしまったり地盤が弱いということも考えられます。
地盤調査は必ず行いますが、弱い場合には強度を増すために補強が必要となるので、その分の費用がかさみます。

注文住宅の設計について

吹き抜けの空間を設計すると、採光性が抜群に良くなります。採光性に優れている住まいは、衛生的に住まいに維持管理しやすくなります。窓を開けて屋外の空気を入れれば、風通しが吹き抜け空間を全体的に乾燥させる効果もあります。吹き抜け空間を安全に設計するなら、注文住宅の工務店に相談しましょう。吹き抜け空間はデザイン性だけでなく、安全性の確立が重要ポイントです。地震の時に耐震性が弱まらないように、梁で支える強度を高めます。上からの圧力に強くて曲がりにくい松の木を梁に使用すると効果的です。注文住宅は柔軟に木材も選べます。三重県の工務店によっては産地と連携して、安く木材を入手できます。曲がりに強い松の木を使用できれば、大胆なデザインの吹き抜け空間も耐震強度を確立させながら設計しやすくなります。注文住宅で取り扱い可能な木材を質問しておくと良いでしょう。取り扱える木の種類が豊富であれば、用途や目的に対応させて、よりいっそう頑丈な一戸建てを設計しやすくなります。設計と材料は、常に相関関係にあります。

新築の土地探しについて2

注文住宅で一戸建てを建築する前に、土地探しをしたい場合は不動産会社に問い合わせてみましょう。インターネットで公開されている土地物件ならば、不動産会社のホームページで情報を閲覧できます。インターネットでは公開していなくても、似たような土地物件を取り扱っていることも多いので、気になる物件があれば問い合わせて確認しましょう。気になる物件は、基本的に自分が希望する広さや立地に合致するか、近い条件で選びましょう。不動産会社が似たような条件の土地物件を紹介しやすくなるからです。インターネットで公開されている土地物件は、情報が閲覧できる状態であっても、すでに予約されていたりして事実上は売約済みと同等の場合もありますので、必ずしも購入できるとは限らない点を前もって覚えておきましょう。注文住宅の工務店を決めていなくても、土地だけを先に入手しておきたい場合は、不動産会社の仲介物件を探すと、多くの物件を知ることになり、土地物件の情報そのものを理解しやすくなります。

新築の土地探しについて1

新築の土地探しで確認しておきたいのは、安くて広い土地を入手したいときに、現実に住宅を建築できるかどうかです。市街化調整区域に該当している土地には、原則的に住宅を建築できません。農地にも住宅は建築できません。住宅を建築できる土地であることを確認する必要があります。注文住宅で一戸建てを建築するときは、工務店に土地探しから依頼しましょう。土地 相談 工務店。

必ず住宅を建築できる土地を選んでもらえるからです。注文住宅の工務店は、例外的に住宅を建築できる土地を紹介してくれる場合があります。市街化調整区域でありながらも公的機関が宅地造成事業で開発した分譲地です。不動産会社が仲介で取り扱うよりも先に、工務店が分譲地の取引を行なえる場合もあります。分譲地は予約や抽選が行なわれる場合もありますので、注文住宅の一戸建てを希望している場合は、遠慮せずに早めに工務店に連絡しておきましょう。条件も大切ですが、市街化調整区域の分譲地は早い者勝ちの要素もありますので、まずは相談しておくと良いでしょう。

耐震住宅について

注文住宅を建築するときは、施主と工務店との間で、話し合う時間を確保できるので、地震対策に関しても話し合っておきましょう。地震に対して警戒の強い地域であれば、耐震住宅を検討すると良いでしょう。一階の壁と二階の壁が、できるだけ連続した垂直線の構造になるように設計してもらうだけでも、耐震性能は高くなります。新耐震基準を満たせるように設計してもらいつつも、メンテナンス性を良好に設計してもらえば、耐震性能の経年劣化を予防できるようになります。制震装置を設置する場合は、金具や部材のメンテナンスとサビ落としなどの保守点検作業が容易な床下に設計してもらいましょう。床下の高さは、一般的には低めです。注文住宅は床下を高く設計できます。耐震性能は新築したら完了というわけではなく、建物のメンテナンスで耐震性能そのものも長続きさせられる効果があります。壁材による面の構造で耐震性を強めると、壁材の撤去や交換が大賀狩りになりますので、メンテナンスで長持ちさせられれば、リフォーム工事を節約できるので経済的です

本当に賢い住宅ローン返済方法は?

賢い住宅ローンの返済方法として、繰り上げ返済の有効活用があります。一般的に借り入れ期間が長い程、支払う利息額が多く発生します。繰り上げ返済を行う事で返済期間を短くして利息額を軽減する事が出来るのです。貯金や生活費とのバランスを考えて繰り上げ返済を活用すれば総支払額を抑えて住宅ローンを完済する事が可能です。繰り上げ返済をするタイミングですが、住宅ローン控除が終わった1月以降に行うとローン控除を受けた上で、返済残高を減らす事が出来ます。次に三重県の住宅ローンの借り換えを行う事によって金利を見直し返済金額を軽減出来ます。当初、固定金利を選んでいた場合、景気の動向によって金利が下がり変動金利に変える事が可能です。金利の変動を確認して住宅ローンの借り換えを行う事でも返済金額を軽減出来、効率良く返済をしていく事が出来ます。以上、賢くローンを返済するには、繰り上げ返済と金利の選択をしっかりと行う事が重要となります。

非常に魅力的な土地に大変満足できるマイホームを建てることができました

私の友人が注文住宅を建てた事に影響を受けて、土地を買ってマイホームを建てる事を2013年から計画し始めました。
始めの頃は友人に相談して、住みたい土地の地元の不動産屋さんを何件も毎週梯子して、いい物件が無いか探し回りました。
不動産屋さんから紹介してもらった土地には、地元の工務店がついていて、購入する条件には明らかに高い施工代金で建築する必要があって、明らかに土地を安くして工務店からバックマージンを取っているのがありありで方法を変えました。
その頃、頻繁にネット広告で、注文住宅でマイホームを建てる時の失敗しない方法をおしえてくれる有料のメールマガジンがあって、興味を持ったのでダメ元でメール会員になりました。
そこに書かれている情報は今まで気付かなかった情報で、今までほとんど進行しなかったマイホーム購入計画が、書かれている通りに実行したら、スムーズに進行していきました。
半年前に非常に魅力的な土地を購入して、大変満足できるマイホームを建てる事が出来ました。

火災保険料が安くなる省令準耐火のメリット・デメリット

住宅ローンを利用した注文住宅の場合、省令準耐火構造にしておくと、火災保険の保険料が有利になるというメリットがあります。省令準耐火構造そのものは、基本的には公庫から借り入れをするにあたって有利な利率が適用されるめやすとなる住宅の構造ですが、火災保険についても、これに準拠して有利な保険料が適用されるようになっているのです。火災保険の場合には、省令準耐火構造にすることによって、通常の保険料のほぼ半分ないし6割程度、保険料が安くなってきます。また、火災に遭ってしまったとしても、延焼するのに時間がかかるように設計されていますので、中にいる人が逃げ遅れたり、火のまわりがはやすぎて全焼してしまうといった最悪の事態が避けられます。ただし、デメリットとして、特殊な構造とするために建築費用がよけいにかかってしまったり、デザイン的にはあまりぱっとしない内装になってしまったりすることがありますので、そのあたりも含めて考える必要があります。